歴史は繰り返す

と、言うと多くは時間が経過すると過去と同じ様な事が起こる。って、場合でしょうが、世界でもめ事のある今は良い意味ではありませんね。

 

また、雑誌

記事が何年か前と同じ、もしくは同じような記事に気が付く事があります。特にメンテナンス等の特集になると繰り返しが多い感じです。

 

この与太話もモト・マタドール時代の「四方山話」から数えてもう20年以上継続していますが時に同じような話を繰り返しています。

思えば人間も入れ替わるというか、新陳代謝しますから繰り返すのは当然なのかもしれません。

 

と、言う事で何度かお話した「スロットル・ワーク」について今一度述べたいと思います。

良く言われる「tmはパワーが有りすぎる」と、いう評価。

レーシング・マシンですからハイ・パワーは当たり前なのですが・・?

また、レース用のマシンをお買い求めのはずですがパワーが有りすぎて?と、言われる方も時においでになる。

tmは確かにトレールから乗り換えの方や初心者には厳しい大きなパワー/トルクをもっていますが、それとてスロットルにて自在にコントロールできる愉しむ事が出来るという裏返し。

余談

一速もしくは高いギャーでの全開走行の醍醐味を味わってほしいと思います。

 

また、パワーがないと低速はコントロールできても高速パワーがないとトラクションが不足してコントロールできない。そして安定性もなくなります。

つまり、パワーがないバイクはアブナイ。

 

ま、トルクの大きさからくるピックアップの鋭さ、パワーによる引っ張り上げる感覚でしょうか?

何より世界戦に勝利するためのパワーを持っているのですから、パワーが有って当たり前。

パワーがなくて乗り易いと言われるバイクがレーサーを語る方がおかしい。

 

ですから、幾らパワーが有ってもスロットルでコントロールできれば全く問題ない。と、思いますが。

それどころかパワーのないマシン、バイクのなんとつまらない事か!

そっちの方がよっぽど問題です。

 

ユックリ丁寧にスロットルをコントロールしてみてください。基本はユックリ開けてスパット戻す。

それは、それは素晴らしいtmワールドにいざなってくれます。

tmなら125だってスロットル開度20~30%で林道なら不足はない。250以上なら20%も開ければ時にオーバー・ランするほどの加速、速度そしてスリルというか痛快と言う事を教えてくれる。

 

tmはエンジン・パワーもそうですが、トラクションのカギとなるトルクの大きさ、フラットさがラフなスロットル・ワークではその大きさ故に残念ながら手に余る方がおいでになるようです。

加えてサス、フレームがそのトルクを前に、前にとトラクションに変えますから更にその加速の速さに驚かれるかもしれません。狭い林道なら一気に視界が狭まる様な加速、速さはtmだから味わえる。

 

また、シャーシ―の安定性

つまり、不安定なマシンに乗り慣れている場合、tmに乗ると同じ速度でも速度を感じにくい。と、言う場面に遭遇する。

だから特筆できる比類なき強力なブレーキも装備されていますtmは。

 

パワーが有って困るなら開けなければ良いのです。

必要以上に、また、急激にスロットルを開けるとコントロールを失う。つまり、「開けすぎ」です。丁寧で開けすぎないスロットル操作を心がければ良いだけ話。お金はかかりません。つまり、パワーが有って乗りにくいと思うのはtmの責任ではなく乗り手の問題。

 

また、チューニング。

その最たるものは社外チャンバー、サイレンサー。

最新のものは知りませんが、以前の国産MXバイク用でも有名なアメリカ製チャンバーなどそのままではピーキーになるだけ。結果、低速、中速トルク/パワーがスポイルされているのを「乗り易くなった」と、勘違いされていませんかね。

 

標準仕様tmのパワー、速度に不満はないとは思われます。

まして一般時の我々には。

しかし、tmの持つパワー・デリバリーの特性を変える。って、言うならまだ分かりますが基本チューンはいらないと感じています。

 

そんな折、ユーザー様から次のインプレを頂きました。参考にされてください。勿論、原文のままです。

 

最近の〇×、▽□、×◇ などは専門用語が分からないので上手く言えませんが ほぼその手の排気デバイスが作り出す?ボホホホーというこもり音が流行りの様で、tm他機種に乗ると、耳障りなぐらい、それが気になります

大きな排気チャンバーが有るかの様な「エンジンが鈍感」に成った感じで、クラッチでそこからやりたい力を引き出す感じ。

それはそれで走れるんですがtmの昔ながらの直結したパワー=2次元カーブをあえて残したセッティングの感覚に慣れていると、あれれ?と成るのですが、乗っている分には楽。

飛ばしたく無く成ってしまう感じ。その分、芸をこなしたい気にさせるというかエクストリーム思考が強いのかもしれません。

つまらないくらいフラットなエンジンに、操作が軽いクラッチを組み合わせて指先で車勢を制御するという感じ。

tmは、その辺り全部カバー出来た上で紙一重の上をいってるのですが、いい意味で古風な感じにこだわっている様ですね。

 

この方、20年以上tmにおのり頂いております。つまり、tmファンと言える方の言葉ですが、まさに適切な表現です。

昔ながらの2Tらしさ、と現在のエクストリーム走行に対して高度に対応しているのがtmと言えます。