変わらない為に変わらなければならない事&2021tm

世の中、激変の真っ最中。

言うまでもなく理由はコロナ・ウィルス感染症に寄る。現在社会において過去類を見ない状況は様々な部分で混乱を生み出しています。

特に最初の感染の多さから都市封鎖、企業強制休業を余儀なくされたイタリア本社の状況、輸送状況等何から何まで昨年とは状況が全く変化しています。と、いうか未曽有の経済的危機がイタリア、ヨーロッパを襲っています。

 

勿論、日本とて同じ故に弊社もとりあえずできる事として現在月曜、水曜、金曜日の3日間という今まで考えられない、あり得ないお休みとした。つまり、週休3日。

日曜も入れると週休4日。

いくら建前と言っても・・・?

ま、日曜は基本休日ですがシーズン中、日曜日はテストだったりお客様と一緒に山に行ったりと建前は休日ですが仕事と言えば仕事。

 

でも弊社の様な零細企業が三日とか四日の休日っていうのはいかがなものか?って、正直自分自身も感じるところでも有りますが、少数が故に万一感染すると既存ユーザー様に迷惑が掛かります。

つまり、人様と会う機会を減らし感染リスクを最小限にするための処置です。

なんでも絶対とか100%はあり得ませんが極力感染リスクを減らすための処置としてご理解、ご協力をお願いします。

実際、国道沿い店舗故にtmユーザー様以外のツーリング、一般のお客様などの来店対応等を減らすのが目的。

余談

ま、今更感がありますが。

 

今のITの時代、実際連絡はほぼ100%メール主体で大体の仕事は可能。ですから例え休日であってもメールを確認出来次第対応できる部分、返答はしております。

実際、メール返信等でエッ、今日お休みじゃないの?と、思われた方は多いかと思います。

お急ぎであればその旨をお知らせください。

連絡確認ができる場合は休日でもできる限り対応いたします。また、ご来社いただける場合、事前にご連絡いただければ基本いつでも対応可能です。

 

以上、今後もtmビジネスを継続していくために弊社のできる部分。つまり、tmを継続する。アフター・サービスを継続する為、変えなければいけない事と認識頂ければ幸いです。

徐々に元に戻す方向にしていきますが年内はこのままで移行します。

また、ワクチンができ次第通常に戻す予定ですが、今は返って仕事がはかどりますので思案中です。

 

仕入れ先とお客様

鶏が先か卵が先か?って、いう論争に近いのかもしれません。この場合、仕入れ先が大事なのか?お客様が大事なのか?ですが、これは考え方で違うかもしれません。

 

弊社はtm社製品の輸入販売を生業にしております。

商売だけのバイクなら他にもあります。でもtmモーター・サイクルが大好き。まして、その性能、造りにぞっこんですから今、他は目に入りません。

また、私に、また私の思う使用方法というか使用状況に「ドンピシャ」なのがtm。

加えて、いや何よりtmの極上fun to rideは他では得難い。

つまり、自分が好きな物、紹介したい物、売りたい物がtmモーター・サイクルです。

 

* とっておきの休日、バイクで野山を駆けめぐる。時に飛ばし、時にトレッキングも愉しめる。それが高い次元で融合しているのがエンデューロ・マシン。その中でも最高峰マシンがtm。また、生粋のGPマシン、レーシング・マシンとしても一般市販の中性能も安全性も最もハイ・エンド・マシンです。

 

ですから私にとっては最も大事なのが仕入れ先であるのがtm社と言えます。

つまり、tmがなければ販売する物はない事になります。

そうtmが大好きだからこそtmユーザー様も大事にできる。しなければならない。のも、また真実であり事実。

 

冒頭に申し上げたようにtm社もこのコロナの影響から60日以上休業を余儀なくされました。

つまり、弊社はその間販売する物が入手できない事に。またtm社は売り上げがない状態を意味します。

幸い弊社は既に、この場合2020モデルの多くをその以前に入荷しておりましたので多くのユーザー様には大きな遅れもなく納品できました。ただ、その後いただけた受注分は通常より納期が必要になってきたのは事実でした。

でも本社は幸いにもいつもと同じように元気でしたので20モデルはすべて完了しました。

 

つまり、このコロナ禍の中、改めてtm社あっての弊社であることを再確認したわけです。

だからボルト一本でもあっても純正を、いいえ本社から購入したいと考え実践しています。tmも弊社も売る物があって初めて成り立つのです。

仕入れ先を大事に思い、より利用する。今の時代、特に重要だと信じております。

 

また、コロナは他の部分でも影響が出てきます。

その最も大きな問題は輸送手段の減少による輸送コストの増大。すでに従来から数10%コストが上がっています。

 

そう、従来同様変らずにtmを販売していくために変化が、変えなければならない事が出てきたのです。

でもご安心ください。

ユーザー様、お客様にはほぼ影響、違いはありません。

ただ、もし弊社に在庫がない場合、今までより少し納期が必要になるカモしれません。

但し、あくまでもカモです。

それは価格を変更(上げない)しない為の手段であり、tmが日本に存在できる事だとご理解いただければ幸いです。

 

21tm

今週中に日本に上陸し、弊社には来週中には入荷予定です。

初回分をご予約いただけた方には予約順に発送いたします。また、予定ですが道内、近郊での試乗会は11月1日、また8日の日曜日に開催いたします。

大丈夫ですtmは、また弊社も元気です。