魔法のマシン

エンジン不調と言う事で入庫した2T250Fi。

チェックしてみたら単純にプラグ・キャップの接続不良!って、笑えないトラブルに苦笑い。

ま、単純なトラブルにホッとしつつ、とりあえず手当。

万一を考えてついでにECUにマッピング・データを再インストール。

そして、さて試運転とばかりにいつもの試運転コースである山の中に・・・!

って、いうか、久しぶりのFiなので乗りたくて仕方がない!?

 

このコース短いのですがUP DOWNが多く、また、とてもタイトで走ってとても愉しい。しかも弊社から自走で数分!

試乗ご希望であればいつでもOKって具合です。

 

しかし、tmって、いやすごい!

と、思わずウ~ンって唸ってしまう程に250Fiのハイ・パフォーマンスに舌を巻いた。

そのすごさと言うか、面白さと言うか痛快さに連日、試運転と言う名目でその試運転コースに出かけてしまった!

 

まず軽さに感動。

久しぶりの250です。

250と言え、あえて言いたくなるほどの軽さに改めて感動。更に挙動が安定していながら取り回しが軽いから自信をもってどこでも入り込みたくなる。

それと瞬時にライダーの望むトルクを発生するエンジン。

安全で軽い車体とトルキーなエンジンの組み合わせですからライダーのレベルなりに自由自在に操れる感覚を覚え愉しくて仕方ない。

 

しかも125の様に軽快に際限なく回るtm250Fiユニット

でも気が付いてほしいのが驚異的と言える粘り。

レーシング・エンジンが粘り強い!って、いうのも誉め言葉なのか?とも感じますがとにかく低速の強さは異次元と評価してよい。

まったく意味を持たないがメーター上で速度30kmくらいからでも5速のまま全く自然に立ち上がる。実際にはそんなことはしないでしょうが、各ギャーでの守備範囲が広い。

それに加えてフラットなトルク特性が持ち味と言うかベースのエンジン特性は絶大な自信をライダーに与えてくれる。

軽快で際限なく回るエンジンに惑わされてしまい勘違いしますが、実に力が強い。

 

しかも、ピック・アップも望むまま。

フロント・アップ等の鋭さを求めても、タイヤ・パターンが残るスロットル・ワークでも自在についてきますから全くマジックの様。

ただ、トラクションが良い(つまり加速が速い!)ので開けすぎには十分ご注意ください。

トラクションの良さ+車体の安定感の高さは短い距離でもライダーの想像を超える速度に達していまい速度的に危険な領域に知らないうちに達してしまいます。

 

ま、幾らすごいと言ってもこのマシンのパフォーマンスは実際乗らなければ想像すらできないと思いますが。

まして、このコースでこの250Fiを全開で回せる人は・・・?

と、思えるほど加速が速い。

余談

勿論、減速も自在だからこそパフォーマンスを安心して味わえます。

 

しかも、Fiならでの手軽さ+安定感そして瞬間始動ともいえる始動性能の高さは実に扱いやすい。

 

ES(セル)+Fi化によって2Tエンジンは想像を超えて一気に進化したようです。

そうレーシング・エンジン・パフォーマンスがこんなに簡単に、しかも楽に味わえるなんてちょっと前までは想像すらできなかった。

 

久しぶりに250Fiにのって感動です。

実は個人的には300Fiのまるでディーゼル・エンジンかと思うほどの低速と粘りからFiなら300。また、キャブレター仕様の250の直線的に立ち上がる小気味よさから250はキャブかなと、思っていましたがイヤイヤ250Fiはtm新時代のマシンです。

繰り返すが125のような軽く、軽快なマシン+トルキーに、しかも軽快に回るエンジンの組み合わせに手軽さと言う部分がプラスされているのです。

余談

来年の自分用のマシンとして今回の試乗から250Fiの存在と言うか、選択が現実化してきました。って、いうか今までは300と思っていましたが、300でもなくてもいいや!って、感じ。(登録できますし)

 

また、これほど加速の速い(トラクションが良い)マシンですから、必然的に車体もブレーキもそれ用にチューンされています。

新しく装備されたブレンボ・マスター(Fiのみ)+ブレンボ・キャリパーのコントロール性の高さ。ストッピング・パワーの高さとその安心感に驚いてください。

従来のニッシン+ブレンボとて不満など微塵もないし、カチッとしたフィールが頼もしいが、ブレンボのソフトなタッチはライダーにやさしい。

 

余談

キャブ仕様に乗ったらまた同じようにキャブが最高と思うのは分かっています。

キャブ仕様もまた間違いない選択なのは事実。

 

車体も同じく素晴らしい!

サスとの組み合わせ、マッチングも全くストック状態でため息しか出てこない。

今回、何度かこのコースを走ってRショックの伸びを標準+2クリックとしてタイトな林道+私の乗り方にマッチしてきた。フォークは標準でOKですが、もう少し乗り込めば変わるでしょう。

 

フォークについて。

13モデルからOPとして、16モデルから標準仕様となりtmに合わせて進化してきたKYBフォーク。

実に強靭、強力であり剛性感にあふれながら作動性のすばらしさに不満はない。まして、早さを求める現在のレーサー用としてone of the bestなのはよくわかる。

でも、我々の年代というか外国製フォークにて育ってきた我々には外国製フォークのフィーリングと言うか「何か」というか「色気」というか「やさしさ」がほしいと望むのは贅沢?

 

ない物ねだり。

贅沢&ワガママな話ですが、それを望むならやはりTTXを装備するしかない。

と、言う事はtm+前後TTXが現在入手できる最高峰になりますね。また、入手可能にしているのもtmらしい!

しかも、tmのTTXは汎用TTXではなくアンドレア―ニの手によるTTXですから魔法のマシンになちゃいますね。