気持ちがよい買い物

先日、弊社にて商談中、初めてお見掛けするお客様がおいでになった。

まず、本来は先に商談させていただいている方とのお話が優先ですが、その方はすでにtmユーザー様、また増車の話もすでに煮詰まっていたので初めてのお客様のご要望を聞かせていただく事に。

 

すると144(中古車)をお望みとの事。

しかし、tm125/144の中古車は中々出てきません。ご存知の様に下取りと言うより、増車される方が多いのがtmですから。

実際、その日も先に商談されていた方も144のユーザー様。して、今回は下取りなしで300の増車です。

 

当然、是非新車をと、お勧めしましたが予算的な問題から中古車との事です。

 

でも、その方とてもナイス・ガイなので何とか探してあげたくなった。

して、帰宅された後にいただいたメール内容からお越しいただけるお客様の気持ちも改めて分かりました。

余談

お店に入るには勇気がいるのですが、思い切ってお話させていただいて良かった。って、話を頂いたのですが、思えば車の、特に外車のディーラーって入りにくいですよ。(レベルは違いますが)

 

しかし、探しますと「言うは易し」です。

最初に見つかった個体は乗ってはいないが、野ざらしか?と思うほど程度が良くない。何度か価格交渉。

が、人間、また私も同じだが「買うときは安く、売るときは高く」と思うものです。

結果的には運賃の問題もあってあきらめる事に。

 

そんな折、同じ道内の既存144ユーザー様に何げなく「買い替えませんか?」と、メールしたところ、なんとOKと言う返事。

しかもこちらからのメールから翌日には正式決定っていうすばらしさ。

加えて買え替えのきっかけを頂いて「ありがとう」ってお礼まで頂いた!

もはや、奇跡です。

イヤハヤその気持ちよさに思わず下取り価格も上がります。しかも、外観もそうだが機関等大事な部分は良いのは良く分かっています。

 

して、144ご要望の方に入荷の話をしたらこれまた即決!しかもご覧いただけない中です。

 

また、20年来のお客様も2T250Fiに予約をいただけた。見積もりをメール添付して送ると翌日にはお振込みいただけた。

しかし、なんと見積金額より高い金額が振り込まれていました。

常連様と言う事もあり端数を値引きさせていただいたのですが、その値引き分もすべての金額がお振込みとなっていました。

 

そんな気持ちの良いビジネスをtmに頂いていますから自分も何か購入するときは気持ちよく購入したい。買わせていただきたい。とは考えています。

して、そんな折になんと普段使用している乗用車にトラブル発生。

修理にもそれなりにかかるので思い切って車を入れ替える事にしました。

 

入れ替える車は同一メーカーの欲しかった今年発売になったディーゼル機種。

価格と欲しい装備を逆算して予算と大体の価格を調べ、お世話になっているディーラーに連絡してセールスさんに来社いただく事に。

 

して、やってこられたのは若い女性のセールス氏(しかも可愛い)とその上司の方。

まずは折角試乗車を持ってきてくれたので試乗してみます。

すでに心は決まっていますし、一度乗っているので乗らなくともよいが一回りだけ乗せていただいた。

余談

実は若く可愛いセールスさんとドライブしたかっただけ。

 

ただ、こちらの希望装備+へ―、そんなのあったの?って、装備が入った見積もりはこちらの目論見から30万ほど高かった。

でも内容を見て折角だからあれ付ける、これ付ける!でも、これはいらない。と、とりあえず総額を出すことに。

 

して、最終的にはこちらは値引きの要求は一切していない中で当初予算+10万で無事に契約することになりました。

本当はもう一声と感じたが、後ろのドラレコは?

と、と尋ねると「別売りになります」と、いうセールス氏の言葉をさえぎって上司がそれも入れて総額を合わせて。と、いう鶴の一声。

じゃ、もうそれ以上言う事もありません。気持ちよく買わせていただく事にしました。

 

人生の買い物の中で一番大きいのが家、次いで車。

数百万から数千万の買い物になります。

してtmのような趣味のバイクなどがその後に続くのが一般的です。他に家電や家具もあるでしょうが、バイクは一人の趣味の物ですから高価と言えば高価です。

 

そんな高価な物だから気持ちよく購入していただきたい。と、自分が購入する側に立って改めて感じました。

 

ありがとうございます。