質問の答え

tmのエレクトリックスターターは心配ありませんか?山でバッテリーが上がって困っています。新型エンジンというのも心配です。

 

と、の質問がやってきた。

バッテリーが上がるのはエレクトリックスターター(以下ES)の問題ではなく、バッテリーの容量。また、使い方もあるでしょう。

加えてエンストが多いなど、失礼ながら乗り手の技量、経験といいますか、それらも関係するでしょう。もしかして機械にも問題があるかもしれません。

気分を害されたらごめんなさい。

 

また、バッテリーが上がったとしてもエンデューロ・レーサーであれば通常はキック・アームも装備されていると思いますが・・・。すいません他車は知りませんので。

当然、tmには2Tも4TもESと共にキック・アームが必ず装備されています。

 

また。新型エンジンについてですがレーサーであるtmは毎年、変更されます。

確かに19モデルはそのほとんどが新設計と言えますがベースは従来エンジンからの発展型です。

 

また、ESに関しては4Tではtm250は2003年モデルからと、4T250の中で最も早く実装。さらに何度か紹介しましたが10年以上前から2Tカートエンジンでの装備実績を持ちます。

実際、19tmのES部分はtmカートエンジンによく似ています。それこそES装着に関しては経験も歴史もかなりの実績の証明でしょう。

 

じゃ何故tmはES装着に時間がかかったか?

ちょっと回り道になりますが、お読みください。

それは、tmがアルミ・フレームなる以前、MX世界戦が菅生で開催された時です。

その時のtmチームのマネージャーが言った事ですが。

“じきアルミ・フレームになるんだよ。実際、2秒は速くなるんだ。”

と、とても嬉しそうでした。して、それが実現したのはその時から3年かかりました。

 

ESも同じことなのです。

tmの正式社名はtm racing  S.p.A.と言います。

つまり、社名でもお判りのようにレーシング、競技車両、エンジンを制作販売しています。

競技用ですから“速いマシン”が、当たり前であり、tmなりの解釈から“速いマシン、エンジン”を開発するのが会社の目的であり、目標です。

ですから、単純にESを装備しても速くなければ、ましてESを装備して遅くなっては意味がない。そう、昨年の同じモデルより速くなければtmにとって意味も価値もないのです。

簡単に言うなら例えば同じコース、ライダーにて走って速くなっていなければtmにとって販売する理由はないのです。それと、使用頻度を考えるなら耐久性も大事です。ですから、単純に装備すればよい。と、いう訳にもいきません。

余談

ES装備によってエンスト時のリカバリーは速くなるでしょう。

また、スタート&フィニッシュのレースであればトータルでは確かにESは速いかも。

ま、速い遅いよりはESは我々オジサンにはなによりありがたい装備?

 

実際、時代の要求からtmも2T250/300は18モデルよりESを装着する予定でした。

しかし、少なくともtmの考える水準に達しなかった。

それまでの2T250/300の出来が、速さが素晴らしかったから尚更でしょう。

兄貴の出来が良いと弟が苦労する?って、感じかもしれません。

 

で、tmらしく新型はより速い。を実現するにあたり。

ES装備からくる重量増を打ち消し、尚且つエンジン幅を狭めて新フレームに対応。

詳しくはES装備を装備するにあたりセオリーどうりクランク下部にESを設定。

勿論、重心位置の関係。

また、新クランク・ケースには新型ジェネレーター採用。それはタイトなエンジン幅を実現しフレームのコンパクト化に寄与します。

結果、軽量化にもつながります。

ESと共にコンパクトなフレームは現在のエキストリーム系競技にてより戦闘力を発揮。

 

モーターがご確認できると思います。

 

更に細部を少しご紹介します。

少しでも重心を下げるためにバッテリー・マウントはエアー・ボックス下部に設置。

加えてエアー・ボックスの容量を確保するに薄いレース用リチウム・バッテリーの採用。

更にエアー・クリーナー・エレメントも新タイプ。尚、2Tと4Tではバッテリーのタイプが異なります。

 

 

 

簡単に説明すると以上ですが、ESを装備して尚、レーサーとして進化して速く!が、tmの常識。

ES装備が遅かったtmですが、だからこそ“真打登場”と例えてよいほどの完成度と、ESによる手軽さ、レーサーとしてのパフォーマンスと愉しさを味わえるのです。

 

そんな速いマシンはいらない!

イエイエ、速い遅いより“愉しいマシン”が欲しいのです。そして、速いマシンこそ愉しく、面白く、痛快なのですから。

 

PS

そういえば4T CC250Fies、ツインエキゾースト仕様。

こちらも新エンジンではありますが、MXモデルは昨年から使用されております。19でクロスカントリー仕様としてファインチューンと熟成をしています。