雑感&山に行くよ

人間、セコイと言うかケチな部分がある。

勿論、自分も漏れずにバイクやオーディオに関しては欲しい物はほしいが車が好きなのに意外と車に関わる部分は必要以外にはあまりお金はかけたくない。

余談

昔は車も趣味でしたが今は実用一辺倒だから尚更だと思うが。

 

ただ、この仕事の前にはズーット車関係だから大体、業界の裏というか内部事情を知っていたし、未だに自動車部品関係などは当時からの問屋さんと付き合いの関係もあるのでそれも原因なのは間違いない。

 

とは、言っても物の価格には理由があるし、人が動くのにはお金が掛かる。まして人の力が無ければ成り立たない物流、つまり、輸送コストも掛かります。また、自分が携わっていてから相当時代も変わりました。

まして専用知識、工具が必要、まして自分は出来ない、しない整備に。

ま、必要な整備、部品に“お金が掛かる”と、言ってるとそれこそ“お里が知れる”。

 

自分の仕事も似たような物ですからその大変さも、価格の理由も理解できる。

要は信頼だと思う。だから今は車の修理も車検も信頼している所にお願いし、請求書記載の金額をお支払いするだけ。

余談

但し、板金、塗装などは安くしてよ。って、言いますけど。

 

そういえば今は値切る方は少ないというか、ほとんどいない。

確かにネットの方が最初から安いから、値切る理由もないが“ノウハウ”と、いうプラスαはネットじゃ得られない。

これが一番大事で時には言われた金額を高いからネットで、って思うより“少し安くならない?”と、値切ってみたらいかがでしょうか?

 

ただ、値切るとそれこそ“買わされる”って思うのでしょうね。観光地じゃありありませんが、でも、少し安くしてとか? 具体的な金額を言っての交渉ってありでしょう。勿論、冷やかしや常識外の金額は論外ですが。

 

人間って人の間って書きます。

つまり、コミニュケ―ション、会話するから人間。購入する側が下手糞なのかも知れません。だって、売る側はこれを買ってくれるならあれサービスする。とか、あれと合わせて2個買ったら10%安くするってあるでしょ。

なにより“値切る客”は上客って昔から言います・・よね。

余談

子供のころ母親と買い物に行くのが愉しみだった半面恥ずかしかった。

それは母親が値切るから。その時は恥ずかしいと思っていたが成長につれて気が付いた事がある。

それは必ず買うという事。だから値切る訳ですね。

また、お店の方はこれ1割五分引き。してボーナス払いでも良いから買ってくれない?と、それに対して必要なら購入という付き合い(多分)もしていた。

だからでしょうかね。そのお店では子供の自分にも例え一人お使いの時でもきちんと対応された。

 

時代錯誤と思われるでしょうか?また、ネットなら最初から安いし!面倒はない。は、判っています。

 

でも何より情報

機械部品と言うのは仕様変更なども多く、その内容を把握している業者さんなら最新の部品をくれたり必要のない付属部品を買わなくて済んだりする場合もある。

 

自動車の部品もいわゆる“格安ネット”購入出来、その時は“安く買った!”と、喜んでもトータルで考えたらもしかしたらマイナスになっている場合もある。なにより特に部品を持ち込みの整備などはマイナスになってもプラスになる事はない。

 

逆の立場ならお判りになると思う。

部品は社外だのネット。普段の小整備(オイル交換など)も、ネット購入のオイル等々とそのお店や会社を利用しないが、大事な部分とか困った時、安い時だけ利用される方と、

車両は勿論、点検整備、タイヤやオイル、ワイパーブレードや電球交換といった部分も利用していただける方とは対応も、サービスもそして価格すら変わってきて当たり前でしょう。

 

とは言っても今、若者の車離れ、バイク離れは我々の業界では深刻である。

実際、欲しくない、必要ない、興味のない物は安くとも購入しない。まして車など維持するにお金が掛かるからそれも理解できるが、我々バブル世代を知っている人間には全く理解できないくらい時代が大きく変わっています。

 

今更ながら、いよいよビジネスのあり方、方向を考え直す時期なのかもしれません。

 

と、言いながらまだ山で好きなバイクで遊べる“愉しみ”を知っている我々は幸せだと思う。

さて。

今年は人生初の“病気”というか“体調不良”から遅くなりましたが29日は山に行きます。

正直人間のシェイクダウンみたいなものですから軽めです。それを承知で同行されたい方は金曜までに連絡ください。

但し、マシンの整備は完全にしてきてください。