雑感

今週末(12/3)は成田で合同試乗会。
実は出かける予定日の大洗行フェリーが機材故障による欠航というアクシデントが勃発。そこで営業周りのチャンスと言えばチャンスなので前日に入ろうか?と、考えたがこちらの都合に合わせてくれる訳ではない。また、師走は皆さん何かと忙しい。結局、気は進まないが仙台便に変更して仙台から成田まで走ることに。

余談
気が進まない理由はスタッドレスタイヤでのターマックの長距離高速移動が危ないし嫌だから。

昔レースで摩耗したタイヤに苦しんだ経験からタイヤが(この場合スタッドレスが)もったいない。というか摩耗が気になるのです。
消耗品ですが減らさない走行を心掛けています。

ターマックを走った後のスタッドレスって一気に効かなくなるでしょう。それがどうも気に食わない。
 余談の余談
そう記憶の中で11月に除雪機を使用するほどの降雪など全く記憶がない。しかも寒い。温暖化というが、寒冷化という学者の方が正しいのではないか?と思うほど寒い。

 

試乗会に向けて問題がある。それは全く乗っていないという不安。
実は雑誌試乗後は出張やらが重なってバイクに乗っていない。まだ、3時間ほどの使用ですからランニングインが進んでいませんし、サスもエンジンも完全な状態でもない。自分もまだ把握していない部分もあるので何とか試乗会前にそれぞれ100㎞程のマイレージを重ねてより“tmらしさ”を引き出すつもりでしたが、EICMA出張の帰国後からそく雪が降り始めましたのでこちらでの試乗会も中止状態でした。

 

更に、あの試乗コースではエンデューロマシンの本質を見極めるのは中々難しい。乗り手のレベル、経験でも勿論違いますが、もうちょっと何とかならないのかな?
と、身銭を切ってマシンを提供するサイドに立った試乗会開催を望みたいと願う今日この頃です。

でも、お客さん(tmユーザーさん)がお手伝いに来てくれるという。こちらは一人ですから実に心強くありがたい話です。

 

それと雪の中でも試乗可能か?
と、いう問い合わせを本州にお住いの方よりいただいた。エンデューロマシンであればOKと言いたいのですがモタードをお望みのお客さんなので丁寧にお断りする事にしました。
って、いうより、物理的にも寒さ的にも不可能でしょう。

実際、雪に中での走行経験が無いと想像すら難しいと思いますが直進していたとしてもアイスバーン上ではブレーキングも含めて何かアクションを起こした瞬間に路面に叩き付けられるような転倒になる。
文字のようにそれは、それは瞬間的に起こり状況によっては大けが、命の危険すら発生します。


夏用タイヤでグリップなどという言葉も状況もアイスバーンの上ではありません。
乾燥したICEなら多少は良いですが、だからと言って走れるわけでもなく二輪車では通常のロード用タイヤでは走行は不可能です。加えて寒さは半端ではありませんのでご了承ください。

 

レジェンド・ライダーの集い。
ヨーロッパなのか?世界中からか?
は、判りませんが、来年4月にイタリアにてレジェンド・ライダー達が集いレースも含めたイベントが開催される。
そこに招待されたトシさんより連絡があって“上坂君も一緒に”と、言うお誘いがあった。

聞くと日本人枠は3名との事でその中に選ばれたのはとても名誉な話で本来なら二つ返事でOKするところです。
が、しかし、とても残念ながら来年3月はヨーロッパに出かける用事があってすでに航空券を予約したばかり。
しかも、帰国は3月下旬である。


その帰国直後にまたヨーロッパに行って“お遊び”とは言いますがレースというのはかなり身体的にも厳しい。しかもレジェンドとは言ってもかつては世界選手権選手の猛者、6daysのメダリストが呼ばれている。それに呼ばれるのですからこの上なくうれしいのですが。
余談
最初から私など話にならないレベルですが皆さんお歳だし、お遊びというので・・、ついその気になってしまいます。

 

それともう一つの問題はマシンの手配である。
イタリアですからtmを手配するのは良いのですが主催自体が他社がらみの様な?感じなのです。
まさか、イタリアで開催されるイベントに私の立場でtm以外に乗る訳にも行きません。また、乗る気もない。勿論、tmはダメなんて事にはならないでしょうが。
正直、行きたい気持ちもあってもう少し詳細を調べてみてクリアされるなら可能なら出かけます。って、いうか参加します。

でもうれしかったな~。このような文化的イベントに誘われるのは本当にありがたいものです。
日本でもこのようなイベントを開催したいな。これこそ文化ですよね。
で、エンデューロ一期生と言われる仲間に“集まろうか”と連絡を取ってみたくなったのもまた事実です。