エンデューロマシンをご検討の方に

昨年から他のエンデューロバイクに乗る機会があった。
正直tmのとの違いに“何だこのマシンは?”と、同じエンデューロマシンとしてあまりの違いにびっくりと言いますか、その時はそのマシンの成り立ちが判らないので“がっかり”したマシンがある。
以来、折を見ては他のマシンに乗ってみました。

更にエルズベルグに代表される“ハード・エンデューロ”の開催が増えている。


また、あるメーカーが現在のWECよりショーアップされた箱庭的エンデューロに移行を訴えた。そのFIMからの返答によっては従来のWECを撤退する動きもある。

 

以上からエンデューロマシンは従来からの“エンデューロマシン”というか世界戦を戦うグランプリ・マシン。
して、もう一方はハード・エンデューロ向けのマシンとの枝分かれが現在発生している。
と、分析できると思います。

 

それが正しいなら、大袈裟に言うなら現在の分化の状態の説明が付きます。

しかし、あまりにも違う為にマシンを選ぶにあたって大きな間違いを犯すことになる。

これは決して大げさな話では無い。何故なら貴方の“安全性”に関わるから。

 

例えばtm。
先の雑誌のテストにて“骨太のマシン”と言ったテスターがいる。
正しいと思います。
従来から言われるエンデューロマシンと定義。


つまり、未知のオフロードを安全に、確実に、しかも速く走破する。その定義に沿ったマシンを開発、製作しているからです。

その定義のマシンに必要なのは何より安全性能。


不意な外乱に影響されない鈍感な挙動。

それには軽く剛性の高いフレーム、しなやかで強靭なサスペンション、確実でコントロールラブルなブレーキ、低速から高速までフラットなトルクカーブを持ちながら不足のない高速パワーを兼ね備えたエンジン。

つまり、低速から高速まで高いバランスを持つのが伝統あるエンデューロマシンが故に安全性が高いのです。


ただ、大きなジャンプにも対応し、長距離を走破する為に長大なストロークを持つがしなやかでソフトなサス。

高速性能も必要なエンジンから外観はモトクロスマシンに近いですがトライアルマシンでもなくモトクロスマシンでもないマシンです。

 

早い話、その代表格であり最高峰の一つはtm。

今回の雑誌テストでも記事になるかは別にして試乗後の会話からエンデューロマシンtmとして本来のすばらしさを改めて実感されたと思う。

 

しかし、ハード・エンデューロに特化したマシンは?
より低速に特化させ中速までコントロール性能に重点を置いたエンジン特性であり、ハード・エンデューロならではのロック、ガレバでの低速でも大きな動くストロークと衝撃吸収を持たせたサスペンションであり、バランスを崩す、エンジンストールに対処するためのセルスターター装備を持たせたのがハード・エンデューロ用のマシンと言えよう。

 

しかし、そのハード・エンデユーロ用のマシンでは伝統ある世界選手権にあるような荒れたハイスピードコースでは速くは走れない。また走破も出来ない。
何故なら。
コントロール性能には優位ですが、小口径キャブを装備した低速用エンジンでは高速域でのパワー、つまりトラクションが不足。
 それは高速時の安定性が確保できない。と、いう事につながる。

 

また、低速域での作動性を重視したサスペンションも同じく高速安定性、安全性は確保できない。

セルフスターが装備されることによるライダーの負担軽減ですが、ライダーのレベルによってはその優位性をあっという間に失う場合がある。

 

つまり、ハード・エンデューロ用のマシンは世界戦の様な荒れたハイスピードテストがある場合などは不利という事。


また、tmのようにハイスピ―ドにも強い世界戦に勝つことが出来るマシンはセルフスターターを含めハード・エンデューロにおいて少々不利という事です。

ここで以前与太話でも述べたように“犬とオオカミ”のお話です。
同じ事が言えます。


tmはライダーのレベルによってはハード・エンデューロにも勝てるでしょう。

勿論、ハード・エンデューロ用のマシンの世界戦も走れます。
でも考えたらお分かりのように安全性能は比較にならない。だってハイスピード用に作られていないのですから。

 

また、良いのか、悪いのか?副作用としてコスト軽減。
速度が遅い。また、邪魔という名目で大口径ローターも必要ない。また、小口径キャブでよい訳ですからコスト低減にもつながります。

 

以上の事が正しいか?
それは貴方の判断にゆだねますが、箱庭的なコースに人工的な障害物を置いて行う競技用のマシンと世界戦のように自然のコースを(勿論、今は人工的な障害物もある)走破するマシンとは根本的に違うという事になります。

 

林道レースが愉しい。

また、ハード・エンデューロは見るのは愉しいが出てはみたくない。

また、林道より難所が愉しい!っていうのもありです。が、力技は良くないでしょう。

売らんが為のショーアップ化と言われても仕方あるまい。

 

我々は山の中で愉しい一時を過ごしたいのだ。スタック場所もガレバの登りも普通の林道もそう。

そう、もし貴方が今マシンを選んでいるなら今のエンデューロマシンは同じ様に見えますが実は結構違います。

ま、好きなマシンが一番ですが。