山に行くよ。

3日の日は山に行く予定です。

すみません3日、5日は緊急の仕事(車両入荷、納品)の為に山には30日に出かけますのでよろしく!
 人数が少なければ弊社近郊。参加者が多ければちょっと足をのばそうか?って感じです。

希望される方は予めお知らせください。

 

と、いう事で先の中古車の完成画像をupと、予定していましたが緊急的な予定も入って一週間くらいupは遅れそう。

 

そんな予定を立てていると春というのも重なり、バイクの準備も何やら愉しい。
タイヤ如何すっかな?
サーキットの新品ウェアー山遊びで下してもいいかな?
ガソリン買わなきゃ!

なんて、遠足の前みたいです。

 

が、反面入荷していない車両もある。
つまり、お待ちいただいているお客さんがおいでになる。


正直、米軍&北との緊張から遅れているは非常に気になる。

もし、事が始まったらちゃんと物流は動くのか?と、いう心配をしています。

 

と、言うのも以前、湾岸戦争のときちょうど空爆がはじまったというのでスキポール空港(オランダ)で飛行機の中に6時間以上も待たされた記憶がよみがえってきます。


パイロットの“落とされるよりいいだろう”と、言う言葉が妙に記憶に残っています。
空爆つまり飛行機による爆撃を今すぐ近くで行っている=戦争(人が亡くなる状況)。

飛行機の中で待つというのも中々の経験でした。

最も待っている時間はイライラだけでしたが・・。

 

おかげで余計にローマ一泊+仕事が遅れる更に日程圧迫。以来、特に外国では何事も早めに、時間に余裕を持つことを心掛けています。

何事も物事ギリギリ、遅れは“ロクなことが有りません”。

 

平和ボケと言われる我々日本人にはいまだにピンとこない人もいるでしょう。

実際自分もそうですが、ちょうど10年ほど前、韓国ソウルにて避難訓練に巻き込まれました。
勿論、軍事訓練です。


ソウル市内の信号機はすべて赤になり、すべての車が停車し人々の姿が一瞬に道路から消えます。

人々は一体どこに消えるのか?
それは警官、軍人たちによって全員地下歩道等に強制避難させられるのです。

当たり前ですがその非難した地下空間の人の多さにも驚きましたよ。


その際、北と南は未だに戦争状態だったというのを改めて刷り込まれました。普段忘れている部分を思い出させるためにも必要な事かもしれませんが、それが当たり前なのもどうでしょう?

一国の首都から人の姿が消えるなど実際目にしないと想像できませんよ。
また、ソウルから北に向かう道路に落下して道路をふさぐフェンスというか、コンクリートの塊を装備された門の様なものが所々に設置されています。
戦車も道路わきに配備して危機が常ある状態、有事に備えているのを思い出しました。
まさに、今そこにある危機です。

 

その中、バイク遊びを堪能できる我々は一体、どこを、何を見ているのか?将来をどう見ているのか?少なくとも今は幸せというか平和ですが・・。
ま、答えもでないでしょうし難しい話はココでする場合でもないが、最近は昔の映画を見るとホッとする。

昔の映画というより時代劇であったり、昔の日本の歴史、文化を感じられる映画やTV等。


TVで例えば“和風総本家”とか“大河ドラマ”。
最近見た映画なら“柘榴坂の仇討ち”っていうのも中々良かったですね。
 最近の作品みたいです。

また、あくまでも映画やTVですが、昔の文化というか人々の発想、考え方、人物を知るのが好きですね。何か懐かしいというか、古き良き時代と言いますか、忘れていた”何か”を見つけられのが何より心地よい。
特に日本女性は最高です。

 

さて、今回は何やら本当に与太話になってしましましたが、皆さんも日々大事に、大切にお過ごしください。
ましてGW直前です。
バイクに乗る方はケガの無いように。車で出かける方は事故にご注意。
何より、有意義にお過ごしください。

 

それでは山に行きましょう!と、いうか山で遊べる幸せを感じましょう。