師走

12月は“師が走る”程忙しいというのが語源と聞くが確かに年の瀬は“気ぜわしさ”を感じますが今年は例年以上に忙しい。他にも例年になく雪が多いというか?早すぎる大雪が拍車を掛けます。

それはtmの関連ではありませんが他のビジネスというか、モーターサイクル関連のビジネスを新しくというか?再開というか?


ま、何というかは別にして連日その商品たちの詳細というか、日本のマーケットと、いうか車両とのマッチングなどをメーカーと調整。

また、売れるかな~というマーケテングなども模索中。

 

正直今更tm以外のビジネスにはあまり興味が無い。と、言うかしたくないのですが、先日EICMA訪問の際、一応弊社は“商社”を名乗っておりますから“らしく”ビジネスの可能性も探ってきました。
それの一部が具体化しそうです。

 

実際、車両の方に興味がありますがこれからの日本で新しくバイクを紹介したところで中々成長どころか継続すら難しい。


また、自分が乗りたい、欲しいという車両が見当たらないのも事実。
最も“乗ってみたい”ですとか“面白そう”と、言う車両はありましたが・・。でもただ“それだけ”だと先はないでしょう。

 

が、用品は面白そう、日本でも売れそう。と、感じる商品が見つかった。

なにより、自分が欲しいのですから日本のダートライダーの中には同じ様に感じる方もおいででしょう。

ただ、如何やって紹介販売する?
と、言うので悩んでいます。現状“うえさか貿易”のホームページやFBで紹介していくのか?それとも新しくサイトなどで通販だけで運営するのか?雑誌広告も考えるが広告料との兼ね合いなんて部分が最大のネック。

 

そう商品開発からマーケテングに加えて従来の業務ですから忙しいのは当たり前なのです。
先行投資、在庫して売れなかったら如何する?と、言うリスクもある。

また、妙に優柔不断な部分もあって自分自身が必要以上慎重に考えるという悪い癖を最近感じます。

 

ただ、まだ仕事を辞める訳ではありませんから会社も発展、継続させる部分の一つとして前進が必要。
まだまだ、老け込んだり、隠居するつもりはありません。と、いうか?させてくれない感覚。

もっとも、自分の年齢も含めてそんなことも忘れています。


ただ、相手がすべて外国なので思うようにいかないのがさらに難しさ、忙しさを加速させる。


余談
tm以外の商材を別にないがしろにしているつもりはない。

ただ、為替の関係で価格が大きく変わり販売が難しくなった。

条件が変わった等の様々な理由から継続が難しい。


また、大体が他にもある商品と、言う理由もある。

どんな商品?
もう少し、お待ちください。

いま、絞り込んでいる途中の物もあればtm用というか開発中の物もあります。

 

開発中の一つがデリタイヤ。
マーマー問い合わせは頂いていたが何せタイヤは容積というのか、場所の効率がとても悪い商品。

さらに“生もの”という部分もあって保管というか在庫が大変。


また、他タイヤの安売りが激しい。
等の理由から昨年から取り扱いを中止していましたが、先日マネージャーとの話し合いの中で新コンパウンドにてエキストリーム系のタイヤを共同で開発。

今、そのサンプルを待っている状態です。


ま、一回くらいで正解は出ませんし、まだ判りませんが新デリタイヤを紹介するかもしれません。

 

加えて用品ですが今まではtm用だけに絞ってきましたが、今後は他機種向け用品も取り扱う予定です。

ネックブレースやタイヤだってtm専用って言う訳ではありません。

 

ただ、輸入というと今はUS$に対してかなり¥が安いのがネックとなっている。

最近トランプ効果なのかUS$決済が多いので少々頭痛の種です。


余談
日本は貿易立国?
円安つまり自国通貨が安いのが良い。などという日本のマスコミのでたらめにいつまで幻想を見ているのでしょう。
自国の通貨が安いのを喜ぶって!異常でしょ。
まして世界はUSだけではありません。また、日本国内だけ見ていても仕方ないのです。
ユーロに対しては以前より少々円高としても元来物価の高いのがヨーロッパ。

ラーメン一杯2000円以上は当たり前。今のレートですからちょっと前なら3000円over。

ヨーロッパで安いと思えるのは高速料金だけで物価の高さにはびっくりします。

例えばイタリアなら軽油リッター¥200越え。

 

今の日本の収入は大いに減少しています。

加えて諸外国通貨に対して円が安すぎ。

 

でも、17tmの出来の良さ、初大分(九州)での試乗会もあり。加えて新らしいビジネス、商品は夢が有って良い年を迎える事が出来そうです。