傑作

名機というより傑作。
と、言う言葉を使いましたが、同様にtmに感じておられる方と“傑作の定義”という会話でその形容が正しいのか整理、補足いたします。

傑作、と、言うのは?
と、いうより16tmに乗って純粋というか単純に感じた事です。そう、先日ライディングを愉しんでいる最中にポット浮かんできたのが“傑作”という言葉。これ以上はない感が半端でありません。そう、これって傑作って言えるでしょ。

 

正直、私の様な現役を退いて久しいロートルライダーがいくら頑張ってもtmの能力の50%まで引き出せるか?でしょう。
“乗りこなすどころか乗せていただいている”。


現実、ライダーのアクションによって走るのですから乗せていただいている?は大袈裟ですが、とにかくこちらの思いに対して隙無く対応する。こちらの思いにマシンが反応してくれる。間違いを正してくれる。
これって傑作と言わずになんというのか?

 

走行は新車から150㎞程ですから、エンジンもサスペンションもそろそろ本領発揮というか全負荷OKと、今回は一人で山に向かいました。
最終的な16tmの総括インプレの為にあらゆる路面を気ままに今自分が安全に走行できる上限で2時間+、休みなく、ホボ1タンク思い切り走り回ってきました。


余談
おかげで新ルート発見!

何度も言っていますがtmに“乗り易い”は似合ない。また、ソフトだとか柔らかい。などという例える部分など微塵もない。
何度乗っても速い、強靭、強力、パワフル、軽い、回る等々ですが最後には“あ~、すんげぇ面白い”。

反面、ゆっくり走れない。と、言われる方もおいでになるが勘違いしないでくださいtmはレーサーでありトレールじゃありません。


結構、間違いというか、勘違いされている方が多いので改めて言います。ゆっくり走る為のレーサー(競技車両)などありません。


余談
トライアル競技を“遅乗り競技”と、言う方もおいでになるが、本物のトライアルはダイナミック且つスピーディーな競技で決して“遅乗り競技”ではありません。

 

して、レーサーとして最高峰だから tm ridingの刺激に満ちた愉しさ、面白さは筆舌に尽いがたいのです。
例えるなら“美味しい物を食べて寝た方が良い”と、言われている方がtmに乗ると思わず発情するほどの刺激。


単一目的に向かったのみ昇華されたマシンの持つ、魅力というか味わいの深さ、面白さを文章にすることはとても難しいが、貴方が現役を退いているなら以前もっと積極的に、速く、マシンを愉しめた事、夢中だった若かりし日々等忘れた部分を思い出し、情熱をよみがえらせるタイムマシンとも言える。


余談
勿論、ゆっくりも走れます。でも、愉しさが違います。そう、マルチパーパス向けのバイク、何でも使えるトレールバイクに物足りなさを感じる方に。

 

例えばエンジン。
144で例えるなら中速の力強さは半端ない。右手というか乗り手の意思に違わず反応。
して抜群に速い!林道の僅かな直線でも瞬時に三桁に達する加速力というか、驚異的なトラクションと共にしかも文字のごとく“矢の様に直進”する様は排気量を忘れる迫力!


また、荒れて、滑りやすく、ガレ、倒木がゴロゴロの登りをトライアルチックに確認しながら、路面にスロットルを合わせるような場面でもトルクに不足もない。


そんな場所を飛ばしても自在にパワーを引き出せるからこれまた愉しく走れる。

基本路面状況など関係ない。
と、いうかマシンが路面に合わせて補正しているような感覚を受けます。

いいえ、正しくはライダーの五感に入力される路面情報によって自然に右手が状況にシンクロしされるのでしょう。


正に人馬(人車)一体感です。だから普通の直線すら“愉しい”。

もうもう、排気量などtmには関係ない。そのクラス、クラスの最高峰というか、エンジンの生み出すトラクション、パワーすべてを路面に伝わっているような迫力と速さは素晴らしい。の一言です。
だから低速が如何とか、高速が回るとか如何でもよい。そんな低レベルの話などtmには意味が無い。


乗って愉しい、思うように走れる。この様なマシン、エンジンはtm以外には知らない。
何より、“音”が最高だ。機械、内燃機好きならとろけそうな快音です。

 

して、路面の状況です。
上記の速さはゆるぎない安定感があってはじめて保証、実現される。
大雨でできた轍、採石、倒木が雑草に隠れている中を走破するトレールランは冒険チックでとても愉しい。
加えてアップダウンがあれば、まさにダートライディングの愉しさの極み。


私の場合、どちらかというと愉しいからついスロットルが開いてしまいます。
しかし、そんな状況では反面予期しない外乱によってマシンの挙動を乱される場面にも遭遇します。
実際、何度か予期しない中、フロントが弾かれ、リヤも横を向いたり跳ね上げられたりしたようです。
そう、そんなマシンの動きがあったとしても不安というか、危なげを全く感じない。


たまたま運が良かった?
いいえ、運などというレベルではないのはtmに乗ればすぐに判ります。
すべてunder the controlという面白さの中、飛ばしていても安心感を失う事が無い様に感じます。ライダーは高い安全性をフレーム、サス、ブレーキから享受されているのです。

 

更に自在な操縦性能
水たまり、轍、障害物はできるだけ避けますね。
でもいきなり、現れたそれらを避けきれない場合も多いはず。
しかし、まるで物理の法則を無視しているが如く、瞬時に慣性モーメントを打ち消すが如く効く強力なブレーキはいきなり現れる障害物にも余裕をもって対応してくれる。

勿論、強靭なフレームに支えられているからでしょう。その際の瞬間的に行えるライン変更すら自信をもって、しかも面白さと愉しみに変わる。
がっちりとしたサスペンションも同じくそんなハードブレーキングに対応、姿勢を保持しながらショックを吸収。

 

そういえば、サスペンションです。新車時は圧を4クリック程弱めて走行。

しかし、今は“標準状態”が最もしっくりきます。
走る場所、速度、乗り手の腕、体重も違う中、標準がピタリ、いいえ不足を感じない。というのも驚きです。

 

また、キャブレーション
北海道の夏なら標準状態で全くストレスなく走ります。
正にキャブレーションもドンピシャ状態。立ち上がりのピックアップ、伸び、中速のトルク感どれも全く不満が無い。ましてカブル素振りなど微塵も感じさせません。


余談
この日は27度くらい。舗装移動8㎞程走って山に向いました。
勿論、レーサー故に気温、湿度の高い所での調整は必要になります。

前後しますが、tmのOEMタイヤはMitasタイヤというブランド。
Rに関しては不満、不足は感じませんが、Fタイヤに関してはバンク角が深くなると以前のOEMタイヤと比べると割と滑ります。もっともtmとの組み合わせではその滑りも不安は感じないのですが。
また、Rが滑る(ブレーク)する前にフロントがブレークする場面が特に固い路面ではありますがその際にも全く問題なく対処できます。


tmライダーには当たり前ですが、フロントがブレークして対処できるってあまりないでしょう。また、前後同時のブレークを誘発させてそれを愉しめるのはtmには普通の話。

 

様々な場面でtmが、バイクがライダーの思うまま走れるようにアシストしている様です。
だからバイクの自動運転、傑作って言うのです。

 

ご注意
尚、このインプレは新車、その状態を維持、整備をされたtm、または弊社認定中古車を対象に述べております。
ネットオークション、個人売買等にて手当のされていない中古車を購入された場合などに起こる“インプレと違う”“HPの言っている事と違う”等に関しては一切の責任を負えません。
また、社外部品等のご使用も同じ状況になりますのでご注意ください。